遺言書の検認手続をしないと遺言書は無効になるのですか?|滋賀県大津市で相続・遺言書作成・成年後見でお悩みの方は司法書士・行政書士和田正俊事務所にご相談ください。

滋賀県大津市の司法書士・行政書士|和田正俊事務所

0775747772

お問い合わせ

営業時間|9:00~17:00  定休日|土・日・祝

トピックス

遺言書の検認手続をしないと遺言書は無効になるのですか?

A.

検認を受けていなくても,遺言書が無効になることはありません。
ただし,「遺言書の保管者は相続の開始を知った後,遅滞なく,これを家庭裁判所に提出して,その検認を請求しなければならない」とされており,「相続人が遺言書を発見した後も同様とする」と決められています。
「遺言書を家庭裁判所に提出することを怠り,検認を経ないで遺言を執行し」た者は過料に処すとの規程や,「遺言書を偽造し,変造し,破棄し,又は隠匿した者」は相続人となることはできないとの規程もありますので,無用なトラブルを避けるためにも,相続開始後又は遺言書発見後,速やかに検認手続を行うことをお勧めします。

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ

0775747773

営業時間|9:00~17:00 定休日|土・日・祝

お問い合わせ