家族を後見人の候補者とするか,専門職の方に後見人を頼むかどちらがよいですか?|滋賀県大津市で相続・遺言書作成・成年後見でお悩みの方は司法書士・行政書士和田正俊事務所にご相談ください。

滋賀県大津市の司法書士・行政書士|和田正俊事務所

0775747772

お問い合わせ

営業時間|9:00~17:00  定休日|土・日・祝

トピックス

家族を後見人の候補者とするか,専門職の方に後見人を頼むかどちらがよいですか?

A.

家族が後見人になるか,司法書士などの専門職が後見人になるかですが,現在,後見人等に選任される割合は,親族後見と専門職後見がだいたい半分ずつとなっています。

 

親族後見は,
・費用がかからない
・親族だけに細やかなケアが可能
・支出が必要になったとき素早く対応できる
等のメリットがありますが,
・財産の管理,年次報告の義務が負担になる
・後見人にならなかった親族とトラブルになる可能性がある
・後見人と本人の財産の分別がしにくい
といったデメリットがあります。

 

専門職後見は,
・財産の管理をきちっとしてもらえる
・法律的なトラブル等にも適切に対応してもらえる
・年次報告等の負担がない
等のメリットがありますが,
・費用がかかる
・急な支出に対応しにくい(後見人を通す必要があることから)
といったデメリットがあります。

 

ご本人の状態や申立人様の事情により異なりますので,詳しくは当事務所にお問い合わせください。

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ

0775747773

営業時間|9:00~17:00 定休日|土・日・祝

お問い合わせ