【民事法律扶助の改正について】│ 滋賀県大津市で相続・遺言書作成・成年後見でお悩みの方は司法書士・行政書士和田正俊事務所にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

相続・遺言書作成・成年後見は滋賀県大津市の司法書士・行政書士|和田正俊事務所

HPを見たとお伝えください相続・遺言書作成・成年後見などのお困りごとのお問い合わせ077-574-7772

お問い合わせ

営業時間|9:00~17:00  定休日|土・日・祝

お役立ちブログ

【民事法律扶助の改正について】

2024/06/27

2024年4月1日より、民事法律扶助業務における重要な改正が施行されました。

改正の主なポイントは、将来養育費に対する報酬金の立替え、養育費等からの即時償還充当額の見直し、そしてひとり親の償還免除に関する新たな規定です。

将来養育費に関しては、債務名義を取得した場合や支払合意書を取得し履行がなされた場合に、一定の報酬金が立て替えられることになります。
この報酬金の上限は13万2000円とされており、それを超える部分は被援助者が直接支払うことになります。
また、養育費や婚姻費用の支払いが令和6年4月1日以降であることが対象要件となります。

養育費等からの即時償還充当額の見直しにより、援助終結決定までに入金された養育費のうち一定額までは即時償還充当が不要とされます。
これにより、未払養育費や月々の養育費について、原則として即時償還充当を行わなくてもよくなります。

ひとり親の償還免除は、生活保護に準ずる程度に生計が困難であると認められるひとり親が、養育費請求等特定事件の立替金の償還を免除される可能性があります。
これは、資力回復困難要件を問わないという点で、通常の準生活保護免除とは異なります。

これらの改正は、民事法律扶助を受ける方々にとって、より公平で適切な支援が提供されることを目指しています。
当事務所は法テラスと契約を取り交わしており、法テラスを利用した手続も受任しています。
法テラスを利用して、手続を行いたい等ございましたら、お気軽にお声かけくださいね。


■■□―――――――――――――――――――□■■ 
司法書士・行政書士和田正俊事務所 
【住所】 〒520-2134 滋賀県大津市瀬田5丁目33番4号 
【電話番号】 077-574-7772 
【営業時間】 9:00~17:00 
【定休日】 日・土・祝 
■■□―――――――――――――――――――□■■

おすすめの記事

「土地等譲渡所得(所得税)及び贈与税申告におけるe-Tax の利用拡大に係る協力について(依頼)」が通知されました。

続きはこちら

電子定款の認証手続きと電子委任状の送信方法の最新動向

続きはこちら

令和6年度「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーン

続きはこちら

【民事法律扶助の改正について】

続きはこちら

日本における農地の貸借手続きの一本化とその重要性

続きはこちら

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ

営業時間|9:00~17:00 定休日|土・日・祝

遺産承継・相続預貯金の手続きもWEBお問い合わせへ